防災グッズに乾電池

防災グッズの一つとして忘れてはならないのが乾電池です。

乾電池は地震などの災害時非常に貴重なものとなります。

たしかに、ここ最近、携帯電話の充電器やラジオなどが太陽光で充電できるものが主流となってきていて乾電池の出番は減少傾向にあると言えます。

しかし、それでも乾電池が全く必要なくなったというわけではありません。

今でも様々な所で乾電池は利用されています。

冬場に利用するものの中に石油ストーブがあります。

石油ストーブなら電気を必要としませんから地震などで電気がストップしてしまった場合でも使うことができると思うかもしれません。

しかし、考えてみてください。

石油ストーブの着火には大抵乾電池が使用されています。

つまり、電池が切れてしまうとせっかくの石油ストーブも使用することができなくなってしまうのです。

そのような事態を避けるためにも乾電池はしっかりと準備しておきたいものです。

乾電池にはアルカリ電池とマンガン電池がありますが、アルカリ電池のほうがいろいろな機械に利用することができますのでアルカリ電池を準備しておくようにしましょう。

単三電池を単一・単二電池へと変換することのできるスペーサーを準備しておくとよいかもしれません。

そうすることで、必要以上に電池を準備しなくて済み荷物を減らすこともできるでしょう。

最近では充電式電池もありますが停電時には充電することは不可能となりますので、普通の乾電池を準備しておくようにしましょう。

このように、乾電池は防災グッズとしてはまだまだ必要不可欠なものです。

地震が起きてからでは手に入りにくくなってしまいますから事前に準備しておきたいものです。