地震に備えて食料を準備する時の注意点

地震に備えて防災グッズを準備するのであれば、まずは、しっかりと食料品を準備しておくようにしましょう。

実際に地震が発生した時には食料を手に入れるのはなかなか難しいようです。

ですから、地震発生後何日間かは何も買わなくても食料に事欠かないように事前に準備しておくことが大切だと言えるでしょう。

では、どのようなことに注意して食料を準備しておくことができるでしょうか?

まず考えられることとしては、大きな地震であれば、電気やガスなどがストップしてしまう場合が多いようです。

それらを考慮に入れて電気やガスで加熱しなければならないものは避けたほうがよいと言えるでしょう。

水道すら絶たれてしまうことがありますので、水を利用して調理しなければならないものも不向きと言えるかもしれません。

他にも賞味期限などの問題も考えておきましょう。

防災グッズの中に食料を入れているので大丈夫と思っていても、賞味期限が過ぎてしまっていては食べることができません。

その点、非常食として販売されているものの大半は賞味期限が長いものが多いようですので、そういったものを準備しておけば安心かもしれません。

ただし、非常食の中にも賞味期限が短いものもありますし、防災グッズと一緒に入れているうちに賞味期限が切れてしまうものも出てきますので、時々防災グッズに入れている食料品の賞味期限もチェックするようにしましょう。

いざという時に困らないようにしっかりと食料の準備をしておきましょう。