地震に備えて準備しておきたい水

地震などの災害に備えて防災グッズを準備しようと思う場合、絶対に忘れてはならないものの一つに水があります。

大きな地震の後には断水してしまうというケースは多いようです。

しかも、断水が長い期間続くこともあるようです。

マンションなどによっては貯水タンクに水がいくらか残っていてそれを利用できるという場合もあるようですが、その水にも限りがあります。

ですから、やはり普段から防災グッズの一つとして水を準備しておいたほうが良いと言えるでしょう。

では、どれくらいの水を準備しておけばよいのでしょうか?

理想と言われるのは、飲料水として一人当たり一日3リットル準備しておくことだそうです。

一日に3リットル飲むことはないと思うかもしれません。

たしかに、普段の生活で3リットルそのまま水として飲むことは無いように感じるかもしれませんが、料理などで利用する水の量も計算に入れると3リットル以上の水分を取り入れているといわれています。

しかし、この3リットルというのも飲料水だけの話で、生活用水は含まれていません。

ですから実際に必要な水の量はもっと多くなります。

と言っても、そんなに多くの量の水を持って避難することは不可能ですから、飲料水以外は雨水などを利用することも考えておきましょう。

最近では、何年間か保存できるペットボトルに入った水も販売されています。

最低限必要な量の水をしっかりと準備して、いざ大地震が起きて断水してしまったときにも困らないようにしておきましょう。